GPDX24 Nov. 2016 session

| コメント(0) | トラックバック(0)
◆GPDX24 navi.服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon ) 
ラジオ、ウエブサイト、レコードストア、イベントなど、いろいろなメディア、アイテムを使って表現している運動体。Galloping Gourmet Nipponのメンバー、GO PUBLIC DX 24 ALL STARが中心になって進めている。90年代、Don't belive the hype と叫ばれていた時期に、"I love Hype"とぶちあげていた服部氏がまたまた あらたなたのしみ方 の提案をします☆

◇GO PUBLIC DX 24
#1「シビレミュージック 」 シビレミュージックとは? 洋邦問わず、歌ありインストもふくめ、音世界で"しびれ"させてくれる官能的な音楽たちを、勝手に"Shivire Music"と呼び、料理の「吹き寄せ」のように、日本人の視点で集めてみたいと思っています。
 #Shiviremusic    "Medley of music styles"
14907257_1280840081980978_7193023377999871090_n.jpg

M01:Things We Might Have Said (feat. Cari Golden) / Reinier Zonneveld 2016  selected by Masahiro Hattori
近頃、beatportのチャートで一位になったオランダはロッテルダムからのアーティスト。ミニマムなベース・ラインにあおられクラクラとしてきます。

M02:Make it with you / Roland Kirk  selected by ニューマタンゴ 小林
from album "Black Nuss"
mellowの水浸し!
いや〜相変わらず何にも調べずに喋っていますが、71年発売のカバー曲のアルバムです。「Make It With You」は前の年に全米No. 1になっているブレッドのヒット曲ですね。(日本では「二人の架け橋)しかしあえてオリジナルと聴き比べてみて、笑っちゃいました。オリジナルの爽やかなイメージをここまで崩すカバーはなかなかないのではないでしょうか?朝のイメージが夜中になってるみたいです

M03:Dang! (feat. Anderson .Paak) / Mac Miller selected by mo'
白人RapperのMac Millerにfeat.Anderson .PaakなのですがTrackを作ってるカナダのプロデューサー、POMOという人がかなりよいのです。

M04:A Brand New Day /中村まり  selected by Hirotoshi Tamamushi
中村まり 日本のブルースシンガーです。マリアマルダーの様な美声に堂々とした佇まい。シビレマした! 

#2  ラジオニューマタンゴ navi.ニューマタンゴ 小林
「カウンターの中から考えるリクエスト問題」
いつもながら、「ニューマタンゴに行って聞く」が前提の"決してオンエアでは曲はかけません"なコーナー
クエスト問題は寧ろ商売的には腕の見せ所なので、遠慮なくリクエストして下さい!しかし、ギル・エバンスはかっこいい!

#3「URA_Jacket galley curated by Gallopping Gourmet Nippon / GO PUBLIC DX 24」
有名なレコードジャケットの意外と見ない、裏ジャケの世界。 メッセージや、ストーリーを勝手に感じています。curated by Gallopping Gourmet Nippon

title: Robbie Dupree
Artist:Robbie Dupree
Year: 1980
Label:Elektra

「Steal Away(ふたりだけの夜)」
廊下の先のT字路の突き当りでこちらを振り向くひげの男。彼は、どんなことを考えてこちらをみているのか。
アートディレクターは、Boz ScaggsのSilk Degrees、Lee Ritenour のRitなどのRon Coro。写真は、J.D. Souther* - You're Only Lonely、Electric Light Orchestra - DiscoveryのJim Shea。

Art Direction, Design : Ron Coro
Photography : Jim Shea

#4「バックグラウンドミュージック ~The Background Musics / GO PUBLIC DX 24 」
どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。
 バックグラウンドミュージックとは、
 なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽。
 定番のBGMの再発見から、新しい時代のBGMの発見まで。時間を彩るの引き立て役のラインナップの更新と、時には、BGMが主体となって楽しむことも。人それぞれがもつ、それぞれの「あなたのBGM」も編纂していきます。

The Sting Theme (Joplin - The Entertainer) 1973

『いきなり!黄金伝説。』の「1ヶ月1万円節約生活」でもおなじみの1902年にスコット・ジョプリンによって作曲されたピアノのためのラグタイム。1973年にマービン・ハムリッシュによって映画「Sting」のテーマとしてフィ-チャーされ有名になった名曲。

◆Music For Airports _____________Presented by Angel S. (City Elegance)
GPDXの番組内番組「Music for Airports」。タイトルは、1978年発表のBrian Eno - Ambient 1 (Music For Airports)から引用しています。コンセプトは私、Angel S.が「全世界」のSoudCloud内を「Flight」して世界中で次々と発表されている、実はあまり知られていない楽曲やRe-edit、Remixなど「隠れた名作」を紹介するという、いわば「バーチャルな世界音楽旅行」をするというものになっています。
M05:Fuck Donald Trump (Ft. Nipsey Hussle) / YG
from USA
このコーナーを収録してる週に行われていたアメリカ大統領選。その結果は全世界にショッキングな影響を与え、様々な価値観のある意味危機的な状態の始まりだったり、色々なパワーバランスが崩れる瞬間を目の当たりにした気がします。
というわけで、今回SoundCloudを改めて総ざらいしてみて、SoundCloudのあるムーブメントのきっかけになった曲をご紹介します。これに影響を受けた方々、有色人種の方々やマイノリティが、このトラックに様々な反応をし、この曲のREMIXや呼応するようなアンサーソング的なものが多数アップされています。

◇お別れのシビレ
M06:リンゴ追分 / 美空ひばり selected by ニューマタンゴ 小林

◆◇ GPDX navi. 服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon )、玉虫宏考(City Elegance, Galloping Gourmet Nippon )


◇名曲情報: カルト系フリーソウ
M07:Golden Ring / American Gypsy (1974)
from album "Angel Eyes"
カルト系フリーソウルってなんすか?wとも思ったんですけどまあ確かに。橋本さんすごいっすね

RFFM 総合Navi. タカハシマサト