2015年4月アーカイブ

GPDX24(RF4月3週目)

| コメント(0) | トラックバック(0)

◇GPDX24

GO PUBLIC DX 24とは?

ラジオ、ウエブサイト、レコードストア、イベントなど、いろいろなメディア、アイテムを使って表現している運動体。Galloping Gourmet Nipponのメンバー、GO PUBLIC DX 24 ALL STARが中心になって進めている。90年代、Don't belive the hype と叫ばれていた時期に、"I love Hype"とぶちあげていた服部氏がまたまた あらたなたのしみ方 の提案をします☆

IMG_5153.JPG

◇Senhor Sacana
コント:何の生き物?
出演:Tom Johnbob , バンボーラまの
脚本:Tom Johnbob
音響演出:タカハシマサト

◇GO PUBLIC DX 24

どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。

「バックグラウンドミュージック ~ Background Music / GO PUBLIC DX 24 」

どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。

バックグラウンドミュージックとは、なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽。定番のBGMの再発見から、新しい時代のBGMの発見まで。時間を彩るの引き立て役のラインナップの更新と、時には、BGMが主体となって楽しむことも。人それぞれがもつ、それぞれの「あなたのBGM」も編纂していきます。

M01:Airport Theme / Nelson Riddle with 101 Strings

FM東京の成田フライトインフォメーションのバックグラウンドに流れていました。映画「大空港」のアルフレッド・ニューマンによるサウンドトラックの"愛のテーマ"を、ネルソン・リドルと101ストリングスによるエレガントかつ小気味良いアレンジで。(Background Music Classics / GO PUBLIC DX 24 )

バックグラウンドミュージック。

なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽。*

お酒と食事と会話に寄り添う音楽。

緻密に感じる瞬間をあなたと。

*バックグラウンドミュージックとは(wikipedia より引用)

M02:E-3A / 坂本龍一

1980年のリリース当初は、収録楽曲が、ミニマルな音世界のものがおおかったため度肝をぬかれた坂本龍一の衝撃作「B-2 UNIT」も、反復される音楽の中にある身体性が日常化している今では、多くの人々に心地良けいられるものに近づいてきている。

◆GPDX24~infomation

「URA_Jacket galley curated by Gallopping Gourmet Nippon / GO PUBLIC DX 24」

表と裏 。どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。

ポストカードやポスター、絵本をならべるような感覚で、とても身近なアートワークを日常生活に。アナログレコードの新しい楽しみ方。有名なレコードジャケットの意外と知らない裏ジャケットの世界。表のレコードジャケットとの関連や、ストーリーをもっているものなどを含め、グラフィカルな資料性をもったアートワークとして新しい視点のひろがりをもたらします。

//instagram ura_Jacket //

http://instagram.com/ura_jacket 短いコメントとハッシュタグで、デイリー更新中!

GO PUBLIC DX 24 from CLUB REPORT "Tornado Wallace" @ grandrythm / Daikanyama AIR

M03:Renee Running / Dude Energy

M04:ACID OVER / Tyree

M05:Roman Wafers Love Theme / Bell Towers

メルボルン発ラジオ、音楽シーン'noise in my head'のKZAによる9周年ミックスにも収録。陶酔のメラコンリックループ。

https://soundcloud.com/roman-wafers

http://www.noiseinmyhead.com.au/2014/11/111114-w-kza/

https://instagram.com/p/zrplakLJgR/

// tumblr  ura Jacket // こちらもスタート!

http://ura-jacket.tumblr.com/ ひとつの作品によりクローズアップ。マンスリーで更新。

今月は、The Background Musics /GO PUBLIC DX 24 としても紹介の「B-2 unit / 坂本龍一」を掲載!

◆Music For Airports Presented by Angel S. (City Elegance)

第4回目、Music for Airportsのタイトルは、1978年発表のBrian Eno - Ambient 1 (Music For Airports)から引用しています。コンセプトは私、Angel S.が「全世界」のSoudCloud内を「Flight」して世界中で次々と発表されている、実はあまり知られていない楽曲やRe-edit、Remixなど「隠れた名作」を紹介するという、いわば「バーチャルな世界音楽旅行」をするというものになっています。

From India

M06:Khudaai /Shrey Singhal

https://soundcloud.com/shreysinghaloffi.../khudaaishreysinghal

--------------------------------------------------------------------------------

エンドテーマ

M07:Windswept (DreamTime Mix) / Bryan Ferry

◆◇ GPDX navi. 服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon )


◇ THCrecommend:渋響pH7.0ではじめて知った凄いひとたち

M08:A=A+A' / TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

M09:Lost Third / TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

今まで聴いていなかった事が悔やまれかつ大変失礼いたしました。なこの方々アルバムタイトルも'Goodnight citizen' 愛(オマージュ)とプロ意識と革新のテクノポップ!エレガントかつアグレッシブ

http://www.ne.jp/asahi/txsite/matsui/tv.htm



RFFM 総合Navi. タカハシマサト



from Y's DINER 4

忘れもしないバレンタインデーの訃報。あれからもうふた月も経とうとしていますが、みなさんのRock'nroll Queen シーナ さんへの想いが深い事をことあるごとに知るばかり...

from Y'sDiner 

~ we ♡ Sheena Queen of R&R hearts forever ! ~

11124703_657359007726660_4037978174219275495_n.jpg

毎月第2週目、鴨宮駅北口から徒歩4分のところにある小さなアメリカンダイナー"Y'sDiner" の店主 菊間豊くんがRFタカハシと共にお贈りする TIME MACHINE、80's PUNK,NEW WAVEからルーツミュージックまで全方位的音楽放談 。
https://www.facebook.com/pages/YS-Diner/229748100468290

RFタカハシも&菊間くんも、スネークマンショー 急いで口で吸え との出会いがその後の人生のブレイクスルーだったことは疑い様の無い真実で、このLPのアタマでYMOのジングル的なアレに続いて'楽曲'として1曲目にがつんと来たのが「レモンティー」でした。このVerが自分的にはNo.1です。今回は独断と偏見と愛に満ちたシーナ&ロケッツだけをかけるシーナさん追悼特集です。なお番組中、そのスネークマンショーのプロデューサーでもある桑原茂一さん、個人的にも鮎川さん夫妻と親交のあったMr.スネークマンこと小林克也さんより、シーナさんへの贈る言葉を頂いきました。この場を借りて御礼申し上げます。

M01:レモンティー / Sheena & the Rokkets

message from 桑原茂一さん

M02:Propose / Sheena & the Rokkets

M03:センチメンタル・フール / Sheena & the Rokkets

M04:Sweet inspiration / Sheena & the Rokkets

M05:Cry Cry Cry / Sheena & the Rokkets

jingle FYD BTM

M06:I got you , I feel good / Sheena & the Rokkets

M07:ピンナップ・ベイビー・ブルース / Sheena & the Rokkets

M08:太陽の バカンス / Sheena & the Rokkets

jingle FYD Flash

M09:Old Fashioned love song / Sheena & the Rokkets

M10:Baby Maby / Sheena & the Rokkets

jingle FYD RJ

M11:今夜はたっぷり / Sheena & the Rokkets

M12:Angel / Sheena & the Rokkets

jingle FYD Honey

message from 小林克也さん

M13:You May Dream / Sheena & the Rokkets

あらためてご冥福をお祈りさせて頂きます。

R.I.P. Sheena

https://www.facebook.com/yutaka.kikuma

navi 菊間豊(nevermind company , Y"Diner)

渋響pH7.0にお越しいただいたお客様&渋温泉のみなさま&スタッフ一同本当にありがとうございました。そしておつかれさまでした。湯の力とそこに住まう人々、集う人々という事の意味を深く深く思い至りました。

11138673_946238888740857_4912002952774164485_n.png
今回の"糸魚健一の"improvisationRadio"&"ichionの"Future Sound Lovers"はそのプレッスペシャル的な内容です。

◇Senhor Sacana
コント:お料理マエストロ
出演:Tom Johnbob
脚本:タカハシマサト
音響演出:タカハシマサト

◇糸魚健一の"ImprovisationRadio"

京都の新進気鋭レーベル"shrine.jp"主宰、糸魚健一氏がナビゲートする伝説の番組がRFへ!shrine.jp レーベル17年の歴史を振り返る、壮大な特集の第5回。よーやくCD月間リリースまでを終えられます!!!そしてPsysEx名義新譜"Apex"リリース記念小特集!&渋響pH7.0インフォ

http://www.onsenchillout.com/shibukyo7/timetable.shtml

糸魚健一 : エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース、コンピレーション作品への参加、リミックス、アーティストのプロデュースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。'15年3月3年ぶりの新作"Apex"をリリースする。また、グリッチ的要素と変拍子あるいはポリリズムを融合させる手法を、発展させエクスペリメンタルグルーヴを生むトラックメーカーDJ iToy(ディージェイアイトイ)名義でリリースを重ねている。更に関わるユニットも多岐にわたり、ノイズユニットavant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等'。電子音楽パーティpodを主催し、現在の電子音楽シーンにつながる礎を築いた。

97年発足の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpを主宰し、'11‾13年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。'14年iTunes Storeを使った新シリーズが始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて紹介している。そして、「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想ている。

http://www.shrine.jp/

M01:eriel / ord

http://www.shrine.jp/sr/041.html

エスノなチャント、インストゥルメントにもそういうエッセンスがありエレクトロニクスと自然体で馴染んでいる素敵なユニット

M02:Paranoia / GTSVL

http://www.shrine.jp/sr/042.html

野外パーティで楽しみたいJamband的なフィジカルさにアルバムではインターミッションイントロダクション的なエレクトロニクス(アンビエント)小品がこれまた自然体で馴染むshrine.jpの振れ幅と一貫性を体現するかのようなユニット

M03:BREATH / B FROM OUTATBERO

http://www.shrine.jp/sr/045.html

RFタカハシ的にはこれはもうバレアリック!音の肌触りと今時の編集技術の融合観が何故かラグジュアリーなムードさえ醸し出す?!

M04:Apex ~Magnetism & Angular-momentum / Ken'ichi Itoi a.k.a. PsysEx

http://www.shrine.jp/sr/040tape.html

糸魚さん新譜は先月もお伝えした通りマルチなメディア展開。これはカセット(磁気)テープ。デッキとコンポもあるけどラジカセというスタンドアローンな環境で聴くが吉。

M05:Apex ~Extended Play / Ken'ichi Itoi a.k.a. PsysEx

http://www.shrine.jp/sr/040ep.html

http://www.inpartmaint.com/.../kenichi-itoi-a-k-a-psysex-apex/

驚愕のメディア横断というコンセプト、"ダウンロードでさえもフィジカルなんです..."by糸魚さん

◆◇ImprovisationRadionavi. Kenichi Itoi (shrine.jp)


◇ichionのRadio Futuer Sound Lovers

エンジニアで音楽家のIchionさんが発信する電気信号。元々自身が発行していたZine"Futuer Sound Lovers"を電波に変換してichion さんの全てのコンセプトの根幹'ひとつのおと'に徹底的に照準する「か」の様なコーナーが突如として昨年末の最後の最後よりスタート。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/ich.../future-sound-lovers.html

http://www006.upp.so-net.ne.jp/ichion/index.html

渋温泉での渋響より先んじて涼音堂が始めた温泉チルアウトイベント"鳴響"での聖地のひとつ「初音旅館」さんでRFタカハシが録った湯の音をイチオンさんはどう感じたか??!!

M06:初音旅館黒湯 DUB / ichion

ichionさん、今年も更なるハイパー・メディテーションの深みを!渋響pH7.0、2日目、12日(日曜)午後のエントリーでした!

◆◇ chionのRadio Futuer Sound Lovers navi. ichion , mo'(RF)

◇THCrecommend : Moskitoo(渋響pH7.0出演アーティスト)

M07:Night Hike / Moskitoo

http://www.onsenchillout.com/shibukyo7/timetable.shtml

12日のとりをつとめてくた Moskitooさん

http://moskitoo.com

スズアコーヒー店の焙煎士でDJでもある鈴木雄介が珈琲と音楽の寄り添い方をゆるやかにアジテーション&ナビゲーションするこの不定期コーナー(番組内番組)は実に毎回公開収録でお送りしています。次回はどこで?焦らずとりあえずまずはこれを聴きましょう!

◇Senhor Sacana
コント:動物百選
出演:Tom Johnbob , セクレタリオ
脚本:セクレタリオ
音響演出:タカハシマサト

◇COFFEE BREAK BEATS #3

11084256_801219596628099_2416234138757533629_n.jpg

昨年8月の記念すべき第1回目はゲストに小田原の輸入生活雑貨店『マルタジョイ』社長でカウンターカルチャー等にも造詣が深い、丸田茂晴さんを迎えて、サードウェーブコーヒーの震源地アメリカ西海岸で買い付けてきたCoffeeとRecordをビンテージラジオで堪能しながら、現地カフェ事情をスズアコーヒー店で公開収録されたものをお送りしました。

http://radiofreedom.mond.jp/.../.../offee-break-beats-1rf81.html

また、第2回目はRFタカハシと共に、アメリカ西海岸珈琲(&レコード)買い付けツアーのお話を。主に "レコード" に照準してちょっと面白い店員や値札の無い店での緊張感に満ちたDigの模様など現地レコ屋のリアルトークを同じくスズアコーヒー店で公開収録されたものをお送りしました。

http://radiofreedom.mond.jp/.../09/coffee-break-beats-1rf91.h...

そして今回、3月22日、雄介氏が満を持してプロデユースとして関わっていられる、昨年11月に'HaRuNe 小田原'にオープンしたMETRO MARUTA のあのCD,レコードブースでの公開収録の模様をオンエア!

#3のゲストは NOGAWA kazuneさん, 来月5月5日オンエア#4にはそのNOGAWA kazaneさん新譜 "koo she" 発売元 White Paddy Mountain レーベルの代表でエンジニアでもあるChihei Hatakeyama氏をお迎えします。

鈴木雄介氏のアーティストDJとしての自己紹介的参加楽曲、ゲストそれぞれの新譜より、そしてげすととしておよびした方々にセレクト頂くCOFFEE BREAK RECORD等紹介。

Guest:NOGAWA kazane

2011年にネットレーベルからのリリースを機にライブ活動を開始。

Warp, Bleep等の共催による"Bleep:Filtered"コンピレーション コンテストで日本から唯一最終選考リストに選出される。

2013年から開始したカセットレーベル"stuk Label"では、全てのリリースのアートワーク、マスタリングを担当。

「日常の中のきらめき」をテーマにエレクトロニカを中心としてジャンルレスにリリースを行っている。

http://stuklabel.com/

https://stuklabel.bandcamp.com/

https://twitter.com/baramycin

協力:METRO MARUTA(HaRuNe 小田原)

◇◆COFFEE BREAK BEATS navi. Yusuke Suzuki (Suzua coffee , the coffee group)


◇THCrecommend : DJ 蟻 / SoniCouture(渋響pH7.0出演アーティスト)


http://www.mophrec.net/wordpress/?p=66

渋響pH7.0も近くなってきましたのでここで出演陣の中から、平成のクリスチャン・マークレィ!moph recordsの相談役でもある DJ 蟻 / SoniCouture さんの最新のmixをほんの少しだけご紹介!!

http://www.onsenchillout.com/shibukyo7/artist.shtml

https://soundcloud.com/.../musique-concreat-for-quiet-moments...

『 Musique Concreat for Quiet Moments Lovers 』

Live DJ Mixed by DJ 蟻 [ari] a.k.a.SoniCouture (moph records)

SoniCouture Live DJ Set : 

Pionner CDJ-400×4 , CDJ-100S×1

ALLEN&HEATH XONE:62

YAMAHA TENORI-ON

Rercording at May, 02, 2014

DJ 蟻 / SoniCouture

大阪でDJ活動を開始。2001年から東京に拠点を移し、Ulrich Schnauss, i am robot and proudなど国内外の様々なアーティストと共演している。原曲とは全く違う解釈でElectronica〜4つ打ち〜Breaksまでジャンルに捉われずPLAYするスタイルは不思議と統一感がある。また、2003年頃からSoniCouture名義でラップトップ・スタイルのLIVE活動も開始。DJ経験を生かし、Electronicaをベースにした暖かい音の空間を作り上げ、独特の世界観を紡ぎだしていくのが特徴。今後はSoniCoutureとしても活発に活動していく予定で、活躍が期待される。

◇THCrecommend : Fourcolor(渋響pH7.0出演アーティスト)

http://www.onsenchillout.com/shibukyo7/artist.shtml

M:Canary brath / Fourcolor

12Kよりリリースの名盤より!http://www.frolicfon.com


RFFM 総合Navi. タカハシマサト