2015年6月アーカイブ

お馴染み鎌倉のcafé vivement dimanche堀内マスタ-&翻訳家荒井めぐみ先生お2人がお送りする"Navio" ポップマエストロ、ミサワマサノリくんがナビゲート、毎月5分縛りのSummer of Love!"Cultural Sound Stream"2本立て⭐︎毎月4週目のRadio Freedom FM !


◇Senhor Sacana
コント:Freedom Morning chech !
出演:セクレタリオ,Tom Johnbob 
脚本:セクレタリオ
音響演出:タカハシマサト

 Cultural Sound Stream #25
ポップマエストロ、ミサワマサノリくんがナビゲート、毎月5分縛りのSummer of Love!
M01:With The Eyes Closed / A Thousand Plateaus In Your Mind Ensemble
M02:Moving / LTPIMO
コンテンポラリーダンスとゴルジェ。なんという親和性!
LTPIMOがGORGE.INからリリースしたゴルジェ作品「Between moving and not moving EP」!

Cultural Sound Stream #1〜10, #11〜20のedit版「15min records 15min review」micxloudで配信中! http://www.mixcloud.com/LTP/

15min records)twitter @15minrecords, soundcloud https://soundcloud.com/15min_records

◇Navio 06
お馴染み鎌倉のcafé vivement dimanche堀内マスタ-&翻訳家荒井めぐみ先生お2人がお送りします!6月は新譜の月。Navioがいま最も推している3アーテストの新作をビシッとレコメン!
IMG_4640.JPG
◆Master's select
M03:Vivo Na Maré / Dom La Nena
マスターいち推しの女性SSW!ユーロ(フレンチ)+ブラジル、曲の良さもさることながらPVも素晴らしくいい!先々月にも紹介していましたね!

◆ガドゥの部屋 navi.荒井めぐみ
なんと7ヶ月ぶりに本当に久々にお送りする、めぐみ先生が命をかけてwレコメンするブラジルの天才SSWマリア・ガドゥを日本一応援するこのコーナー!  http://www.mariagadu.com.br/
日本語のFan Page、諸々情報こちらにあげていかれるそうなので、イイねも是非よろしくお願いします〜
全貌が明らかになった新作アルバムの『Guelã』今回はさらにその深淵なる音の世界に踏み込みます
M04:Ela / Maria Gadú
M05: / Maria Gadú

◆Master's select: ~ DDG4special issue ~
おめでとうございます、ダニ・グルジェルDDG4の新譜もいよいよ解禁⭐︎タイトルは「NEON」
私たちはすでに1st,2ndでともに1曲ヒットポップの超絶カバーを体験してそのセンスに舌をまいたのですがこのNEONはその2曲を含む全曲カバーの企画アルバム。まさかのセレクトに2度びっくり⭐︎
Neon-660x660.jpg 
M06:express yourself / DDG4
M07:smells Like Teen Spirit / DDG4
M08:sweet child of mine / DDG4
M09:human nature / DDG4
そしてこのCDにはおまけというか"読書のためのコンピ"しかも録りおろしが3曲も収録せれているという
日本の企画によるこのアルバム是非手に取ってください!!!
そこからもなんと3曲!!!
M10:Da Mistura / Dani Gurgel , Thiago Rabello , Vanessa Moreno & Fi Marostica
M11:Pra dar o bote / Dani Gurgel & Novos Compositores Feat. Joana Duah
M12:Ventos de Outrora / GIuilheme Robeiro

アルバムNEON全曲の聴きどころをCUTUPしたプロモmix {bymo')はこちら!

◆◇ navi. Takashi Horiuchi , Megumi Arai

◇名曲情報(1995年)
M13:Use me / Raw Stylus
かのAcid Jazz レーベルからの12'で出会った。Bill Withersカバーなんですがこの曲も収録された1stアルバムの参加メンツがすごすぎ

RFFM 総合Navi. タカハシマサト

GPDX24(RF6月3週目)

| コメント(0) | トラックバック(0)

GO PUBLIC DX 24とは?

ラジオ、ウエブサイト、レコードストア、イベントなど、いろいろなメディア、アイテムを使って表現している運動体。Galloping Gourmet Nipponのメンバー、GO PUBLIC DX 24 ALL STARが中心になって進めている。90年代、Don't belive the hype と叫ばれていた時期に、"I love Hype"とぶちあげていた服部氏がまたまた あらたなたのしみ方 の提案をします☆

IMG_4549 3.JPG

◇Senhor Sacana
コント:名古屋・ナミビア・ナイジェリア
出演:Tom Johnbob , セクレタリオ
脚本:セクレタリオ
音響演出:タカハシマサト

◇GO PUBLIC DX 24

どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。

#‎1「音楽と場所 / 武道館(東京 , 北の丸公園)/ "LIVE AT BUDOKAN" 」

場所:武道館(東京 , 北の丸公園)

IMG_4539 2.JPG

ビートルズを皮切りに、数々のアーティストが名ライブを披露した日本屈指のビックライブハウスでもある音楽的名所、日本武道館。日本の音楽の聖地のひとつでもある日本武道館近辺を訪れ、それぞれの音楽的体験を紐解きました。

M:01 Snakeman Show In Budoukan/ Yellow Magic Orchestra from "One more YMO"
1980.4.23 写楽祭事件とのちに語り継がれるライブのスネークマンショウによるジングル。
M:02 Introduction〜 Armed and Ready / MICHAEL SCHENKER GROUP from "MSG One Night at Budokan"
1981.8.12 ヘヴィーメタルブーム最高潮の時期に来日した時のライブ、冒頭1曲目です。
M:03 いい日旅立ち / 山口百恵 from 伝説から神話へ日本武道館さよならコンサートライブ
1980.10.5 マイクを置いて立ち去る姿が今でも焼き付いている山口百恵の引退ライブ、ライブ自体がドラマです。映像:6:27〜

M04:My Dear Life / Sadao Watanabe  from "How's Everything - SADAO WATANABE LIVE AT BUDOKAN"  1980
‪1980 渡辺貞夫 :: MY DEAR LIFE Live @ Budokan‬


#2「URA_Jacket galley curated by Gallopping Gourmet Nippon / GO PUBLIC DX 24」

表と裏 。どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。

ポストカードやポスター、絵本をならべるような感覚で、とても身近なアートワークを日常生活に。アナログレコードの新しい楽しみ方。有名なレコードジャケットの意外と知らない裏ジャケットの世界。表のレコードジャケットとの関連や、ストーリーをもっているものなどを含め、グラフィカルな資料性をもったアートワークとして新しい視点のひろがりをもたらします。

//instagram ura_Jacket //  http://instagram.com/ura_jacket 短いコメントとハッシュタグで、デイリー更新中!

// tumblr  ura Jacket //    こちらもスタート!http://ura-jacket.tumblr.com/ ひとつの作品によりクローズアップ。マンスリーで更新。今月は、「Journet with the lonely /  Lil Louis & the world」を掲載!

M05:Share / Lil Louis & the world  from "Journet with the lonely " 1992
曲紹介Shapeと言ってますが、Shareデシタ。スイマセン!!


#3「バックグラウンドミュージック ~The Background Musics / GO PUBLIC DX 24 」

どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。
バックグラウンドミュージックとは、
なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽。

定番のBGMの再発見から、新しい時代のBGMの発見まで。時間を彩るの引き立て役のラインナップの更新と、時には、BGMが主体となって楽しむことも。人それぞれがもつ、それぞれの「あなたのBGM」も編纂していきます。

M06:Dream Lady / Tom Scott  from "Blow it out " 1977
(The Background Musics Classics & For Urban Feeling  / GO PUBLIC DX24 )

2006年よりはじまった「アーヴァン感」というパーティで、スタート時よりこのパーティのテーマでもあるアーヴァンな雰囲気を楽しむというコンセプトを勝手に感じている一枚。空間が一気に穏やかに、そして時間をゆたかに感じられる一曲です。

◆Music For Airports Presented by Angel S. (City Elegance)
Music for Airportsのタイトルは、1978年発表のBrian Eno - Ambient 1 (Music For Airports)から引用しています。コンセプトは私、Angel S.が「全世界」のSoudCloud内を「Flight」して世界中で次々と発表されている、実はあまり知られていない楽曲やRe-edit、Remixなど「隠れた名作」を紹介するという、いわば「バーチャルな世界音楽旅行」をするというものになっています。
第6回目の今月はドイツからカフェデルマーライクなこんなチルアウトなトラックを...
M07:Chilling Drop (Smooth Genestar Remix) /Smooth Genestar
Cyan Music

----------------------------------
◆GPDX24~infomation
6/21 Feed @ Sign 外苑前にてDJをします。
今月のFlash Back-走馬灯
「いい情報とは色気がある」
あらゆる情報がオープンでコモンズになりつつある時代だからこそ、共有できないとか、アクセスできないとか、意識的に閉じていく情報に色気を感じています。(武邑光裕 ・メディア美学者/ 『BRUTUS』2015年6月1日号)http://www.amazon.co.jp/dp/B00W81CWEG


◆◇ GPDX navi. 服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon ) , 玉虫宏考(City Elegance , Galloping Gourmet Nippon )
 
◇名曲情報 (1968年)
M08:Am I the same girl / Barbara Acklin


RFFM 総合Navi. タカハシマサト
あなたの街のリトルアメリカY'sDINER まだ行かれた事ない方は是非1度足を運んでみてください!ラジオ聴いたよと話しかけたらなにかいい事あるかも⭐︎
IMG_4693.JPG

◇Senhor Sacana
コント:依存性
出演:セクレタリオ,バンボーラ・真野,Tom Johnbob
脚本:タカハシマサト
音響演出:タカハシマサト

◇from Y'sDiner 
毎月第2週目、鴨宮駅北口から徒歩4分のところにある小さなアメリカンダイナー"Y'sDiner" の店主 菊間豊くんがRFタカハシと共にお贈りする TIME MACHINE、80's PUNK,NEW WAVEからルーツミュージックまで全方位的音楽放談 。
今月はFYDで時々やっていますTime Machine!今回は何故か1978,1979年という節目に照準☆音楽史的には非常に重要なバンドが大量に発生して来た2年間だったと思います。もちろん当時の世の中が(音楽を取り巻く状況)どんなだったのか?もあわせてお話してますので(笑)お愉しみ下さい

M01:Adolescent Sex / Japan
M02:Come On, Come On / Cheap Trick
M03:(I Can't Get No) Satisfaction / Devo
M04:Let's Go / The Cars
M05:Message In A Bottle / The Police
M06:I Don't Like Mondays / The Boomtown Rats
M07:Video Killed The Radio Star / The Buggles
R.I.P.
M08:Three O'Clock In The Morning / B.B. King

⭐︎Y'sDINER LIVE info.
小田原☆初上陸です ‼
7月12日 日曜日
OH! SHARELS http://ohsharels.asia
@ 小田原 Y's DINER 
*\(^o^)/* 
決定致しました ‼ 
素晴らしいDoo Wop と
RAMA LAMA
DING DONGな
最高に楽しい夜を
ご一緒に楽しみましょう ‼
詳細は後ほど
UP致しますので
皆様 どうぞ 
宜しくお願い致します
オシャレルズ
メンバー皆様
どうぞ
宜しくお願い致します
☆ 小田原 Y's DINER ☆

navi 菊間豊(nevermind company , Y"Diner)

◇THCrecommend : 今週のY'sDiner特集に因んで
M08:Cars (Gary Numan Cover) / The Leisure Society
2009年のデビューアルバムより、こうくるか!

M09:POP MUZIK / M
アイロニーの塊みたいな曲が皮肉にも大ヒットw

RFFM 総合Navi. タカハシマサト

先月は特番のためお休みしていた"糸魚健一の"improvisationRadio"。今回はいよいよ5回に渡ってお送りして来たレーベルの「コンニチワ!」が終わります!そして "ichionのRadio Future Sound Lovers" ではご自身のライブ録音をオンエアしちゃうというものすごく正統派な趣で!
それにしても先日の地震は冷や汗でしたね。浅ければ完璧アウトでしょう。幸運にも生かされている事、実感します。小田原は実に多くの災害に見舞われて来ました。水害も多かった様です。

小田原大海嘯 http://library.jsce.or.jp/Image_DB/koshashin/CO026_01.html

◇Senhor Sacana
コント:不善心処みーっけた
出演:Tom Johnbob
脚本:タカハシマサト
音響演出:タカハシマサト

◇糸魚健一の"ImprovisationRadio"
京都の新進気鋭レーベル"shrine.jp"主宰、糸魚健一氏がナビゲートする伝説の番組がRFへ!
shrine.jp レーベル17年の歴史を振り返る、壮大な特集の第6回。今回で一応一区切り!
今回はi-tunes storeでのデジタルリリースもの〜

糸魚健一 : エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース、コンピレーション作品への参加、リミックス、アーティストのプロデュースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。'15年3月3年ぶりの新作"Apex"をリリースする。また、グリッチ的要素と変拍子あるいはポリリズムを融合させる手法を、発展させエクスペリメンタルグルーヴを生むトラックメーカーDJ iToy(ディージェイアイトイ)名義でリリースを重ねている。更に関わるユニットも多岐にわたり、ノイズユニットavant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等'。電子音楽パーティpodを主催し、現在の電子音楽シーンにつながる礎を築いた。

97年発足の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpを主宰し、'11‾13年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。'14年iTunes Storeを使った新シリーズが始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて紹介している。そして、「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想ている。

http://www.shrine.jp/

今回はかけませんが

http://www.shrine.jp/sr/046box.html

Surf / shotahirama 4枚組Box絶讃発売中☆

M01:Campari / Little Side Effect

http://www.shrine.jp/sr/047.html

変幻自在さは活動における経験値の積み上げ!

M02:Mediator / Mayuko Hino

http://www.shrine.jp/sr/048.html

Japa-noise 第一人者。ichionさんのハンドメイド機材6連テルミンオシレーター。ボリュームに留意のうえお聴き下さい

M03:白い目覚め / 裸のラリーズ

M04:夜、暗殺者の夜 / OUTATBERO

http://www.shrine.jp/sr/050.html

Shrine始まって以来の事件です!オルタネイティブ、京都、時代。そんな諸々を深く考える事になる糸魚氏の脳みその中を垣間みることになるそんなこの2枚組CD。内容は当時(74年)の未発表ライブ録音とインスパイアされたShrine人脈のNowなアーティスト達がリスペクトを込めて独自の解釈で制作した楽曲群をコンパイルしたもののカップリング。事件です。

◆◇ImprovisationRadionavi. Kenichi Itoi (shrine.jp)

◇ichionのRadio Futuer Sound Lovers

エンジニアで音楽家のIchionさんが発信する電気信号。元々自身が発行していたZine"Futuer Sound Lovers"を電波に変換してichion さんの全てのコンセプトの根幹'ひとつのおと'に徹底的に照準する「か」の様なコーナーが突如として昨年末の最後の最後よりスタート。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/ich.../future-sound-lovers.html

http://www006.upp.so-net.ne.jp/ichion/index.html

M05:live at 渋響 / ichion
サウンドエデュケーションのコーナーはひと休み。今回はichionとしてのライブの模様をお送りします!
◆◇ chionのRadio Futuer Sound Lovers navi. ichion

◇THCrecommend : 新譜(わりと)

M06:Rapture / Tropics

https://www.facebook.com/tropicsband

前作はチルウェイブの文脈で紹介された様な。UKソウルはやはり好き過ぎる


RFFM 総合Navi. タカハシマサト