GPDX24 Dec. 2016 session

| コメント(0) | トラックバック(0)
◆GPDX24 navi.服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon ) 
ラジオ、ウエブサイト、レコードストア、イベントなど、いろいろなメディア、アイテムを使って表現している運動体。Galloping Gourmet Nipponのメンバー、GO PUBLIC DX 24 ALL STARが中心になって進めている。90年代、Don't belive the hype と叫ばれていた時期に、"I love Hype"とぶちあげていた服部氏がまたまた あらたなたのしみ方 の提案をします☆

◇GO PUBLIC DX 24
15284040_1318501854881467_9126061551876082690_n.jpg
#1「シビレミュージック 」 シビレミュージックとは? 洋邦問わず、歌ありインストもふくめ、音世界で"しびれ"させてくれる官能的な音楽たちを、勝手に"Shivire Music"と呼び、料理の「吹き寄せ」のように、日本人の視点で集めてみたいと思っています。
 #Shiviremusic    "Medley of music styles"

今月はレギュラーコーナーは全てお休み。2016年のクルーそれぞれのシビレを、そのパーティの会場にもなっていますおなじみ初台のニューマタンゴで一足先のレコ大のごとく選びつつ語りつつ飲みます。
15451357_1155419527911616_841531455_n.jpg

M01:Sweet Love / Anita Baker 1986
from album "Rapture"
30年も経ってしまってるんですね。名曲過ぎて色褪せません。曲のオープニングでもっていかれます。今年の「アーヴァン感」10周年の際のこの曲を竹田さんがかけた時のその場のバイブレーションが忘れられません。 select  Masahiro Hattori

M02:De la vitesse à l'ivresse / Poom  2016
from album "2016"
今年のベストは間違いなくAla Ni.の"You & I"でこの番組でもCircleを選ぶつもりだったけど直前でやはりこちらに変更。この曲自体は2015年ですが、ようやくアルバムがブツでリリースされてどなたでも買えるようになったこともあり、そして原題De la vitesse à l'ivresseの"酩酊の速度という言葉に現場での感覚でグイッと引き寄せられてこちらに。やはりリアルタイムの現場感だった気がしてます今年の自分。21世紀の"男と女" 命名、服部全宏   select タカハシマサト

M03:24K magic / Buruno Mars  2016
今回はGPDX、今年最後の収録という事で、自分のコーナーを抜け出し、「シビレ・ミュージック」へ今年の一曲を紹介すべく参戦する事にしました。今年も沢山素敵な音楽と出会い、どれを選ぼうか悩むとこでしたが、今年の後半にこんな「爆弾的」な曲と出会い迷わずこの曲を選びました。たまたま友人の教えてくれたYouTubeのプレイリストの最後に入ったいた曲でしたが、まず映像からやられてしまいました。80'sのファンクやSugarhillあたりのラップなんかを知っている方々は、思わずニヤリとしてしまうような仕掛けが所々に散りばめられて、ある意味下品、かつスタイリッシュでファンキー、ゴキゲンなチューンです。「ネオ・オールドスクール」と勝手に名付けてしまいました。PVもその辺りの雰囲気を思いっきりバカっぽく演出していて最高ですのでYouTubeで見てみてください。 select Angel S.

M04:Alexandra / jan and naomi  2016
静寂と狂気、両極端が混在するサウンド。ビシュアル&ルックスも含めトータルでシビレてます。select  HIroyoshi Tamamushi

M05:Caravan / Les Paul  1967
 [ 〜コメント少々お待ち下さい〜 ]   select マタンゴ小林

こうしてみるとはっきりしているのは、服部さんはまあ別として、小林さん!のみ1967年!!!という抜け感!やはり外国人アート系バイヤーにArt Barと言わしめる小林さんならでは!GO PUBLIC DX 24がパワーアップしたのはひとえに小林さんとニューマタンゴのおかげ!ニューマタンゴ小林さん!そしていつもいつも営業にはみ出しちゃってる収録を暖かく見守ってくれているマタンゴ常連さんにも!どうもありがとう⭐︎そして来年2017年もシビレまくります!

◆◇ GPDX navi. 服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon )、玉虫宏考(City Elegance, Galloping Gourmet Nippon )


◇名曲情報: A Rap Vacation X-mas
M06:A Rap Vacation X-mas side A (edit by mo' ) / Mndsgn
2016-12-17 18.44.40-1.jpg
Stones Throwの刺客は大勢いすぎるけどMndsgnはジャンル全方位でもっと評価されてもいいと思うアーティスト。
ジャケもかわいいし、グリーン&レッドのカラーバイナルも最高な1枚。
 
RFFM 総合Navi. タカハシマサト

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://radiofreedom.mond.jp/mt/mt-tb.cgi/382

コメントする