FMの最近のブログ記事

西湘と小田原という神奈川ウエストサイド所謂うえっさいにしっぽりと照準する第2週目☆でもまずはオンエアの日がこの方の命日ということで...

◇THCrecomend : David Bowie is
main-pc.jpg
早いものでもう一年経ってしまいますね。こんな形でこの大回顧展を迎えることになるとは思ってみませんでした。切なくも待望のこの展覧会に、本当に端っこの端っこでという感じですがRFタカハシ、思いがけず関われることになり誇りに思っています。 http://davidbowieis.jp/
M01:I Dig Everything / David Bowie 1966
Pyeレコードに残した楽曲を集めたEP。ロッドテンパートンP. 中でもこれが最も今くる感じ。

◇THCrecomend :The Karminsky Experience

guest:Hala9000
そして久しぶりに登場の熱海お洒落DJ女子Hala9000をゲストにHala9000ともゆかりの深いUKのユニットの新譜特集を!なお収録場所はHala9000が毎月UKナイトでDJをしている小田原の美味しい天然酵母パン屋さんかつイングリッシュパブのDestureさん!
a0714416445_10.jpg
M02:BEAT ! / The Karminsky Experience
M03:Through A Prism Backwards / The Karminsky Experience

サウンド、ビジュアルともに徹底的にエキゾモンドラウンジなこの2017年新作!完璧なこだわりは、Hala9000自身年末に急遽渡英して参加したというリリースパーティにおいても徹底的だったらしいです!その辺りのお話も大変面白いですよ!
データは彼らサイトからITUNES STOREへのリンクが!フィジカル
そしてなんと!VJとして準メンバー?ともいえるELEKITELの楽曲にVocalとして楽曲も携えて参加ですと!!!
M04:ATAMI akura / ELEKTEL
リリースは未定なのですが情報はこちらで!


◇西湘 , Strange relationship vol.05
2015年の夏にふとしたきっかけで開店した二宮の小さな珈琲店、旅花さんを中心に、ゆるく、だがしかし急速に紡がれ始めたアンビバレント?なコミュニティ。ありそうで無かった奇妙でピースで不思議な繋がりを渦中のストレンジな人々にインタビューする事によって垣間見る、聞くドキュメンタリーと些か大げさではありますが今、二宮の何が面白いのか?少しだけでも伝われば幸いです。

トレードマークでもある改造キャンピングカー・デニムキャブについて、そもそものきっかけなどから音楽の話、小田原という土地についてなどいつもにも増してパワフルなSSR!出没情報もバッチリ!前回の山田食堂のお母さん、山田則子さんに続いては昨年、二宮を裏路地から面白くする昼呑みマルシェ"たびくま"のサテライト会場「EDOYA garage」で衝撃的な出会いをし、以降仲良くして下さっているDenimmanさんがゲスト!
guest:Denimman(新倉健一郎さん)
◇Denimmanって??
改造キャンピングカー(デニムキャブ)でマルシェに限らず様々な現場へ出向いてジーンズの販売・リペアなどをやっている神出鬼没のデニムマン! https://www.facebook.com/Denimman50/

⭐︎Denimman出店情報(ここで会えるよ〜!)
EDOYA GARAGE
たびくま
Sun Sun マルシェ
ナカ電市

M05:September / EW&F
トロンボーンもやられているDenimmanさんが選ぶ1曲はこちら!

◇名曲情報 1973
M06:Time / David Bowie
from album "Aladin Sain"

デビッドボウイ大回顧展
RFとしてもレコードクリーニングタカハシとしてもお世話になっていますみなとみらいにある「レコード部」https://www.facebook.com/record.bu/?fref=ts さんとご一緒に会場、寺田倉庫にありますTerra Cafe Barにて開催期間中、毎月最終土曜日にDJさせていただきことになりました⭐︎
どうせ大回顧展いくなら、次回は2/25(土曜)

RFFM 総合Navi. タカハシマサト

謹賀新年!元旦早々からレギュラーの糸魚さんと雄介くんにご登場いただきます!
本年もどうぞご贔屓に!

◇senhor sacana
 " オスロからモルテンジョルスタッドがおおくりしました〜ビョーキです"
作&演:俳論G , セクレタリオ

◇糸魚健一の"ImprovisationRadio"
京都の新進気鋭レーベル"shrine.jp"主宰、糸魚健一氏がナビゲートする伝説の番組がRFへ!今回は年の初めの糸魚さんの抱負を、20周年を迎えたshrine.jpとしての展望、そして2017年のリリース予定、レギュラーでやっている音源の紹介とお年玉的!あまり多くを語らない糸魚さんがここだけでお話ししてくれています!

糸魚健一 : エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース、コンピレーション作品への参加、リミックス、アーティストのプロデュースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。'15年3月3年ぶりの新作"Apex"をリリースする。また、グリッチ的要素と変拍子あるいはポリリズムを融合させる手法を、発展させエクスペリメンタルグルーヴを生むトラックメーカーDJ iToy(ディージェイアイトイ)名義でリリースを重ねている。更に関わるユニットも多岐にわたり、ノイズユニットavant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等'。電子音楽パーティpodを主催し、現在の電子音楽シーンにつながる礎を築いた。
97年発足の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpを主宰し、'11‾13年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。'14年iTunes Storeを使った新シリーズが始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて紹介している。そして、「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想ている。

M01:Brown Gray (Ken'ichi Itoi Remix) / Naohiro Tomisawa & Ken'ichi Itoi
from Voices from Far Away - EP
images.jpeg
shrine.jpのサブレーベルMYTHのリリースも順調!今回は番組でフォローできていなかった Naohiro Tomisawa さんのトラックがRFとしての2017年、最初にかかった曲に!次回作も期待大!!!
M02:Agric / Sunao Inami
M03:Pastor / Sunao Inami
from album "Strength of the Roots"
SRDL067.jpg
そしてインダストリアルミュージックの大家がshrine.jpよりリリース!

稲見淳(Sunao Inami):
兵庫県生まれのサウンドデザイナー。13歳でシンセサイザーに触れる。アナログ/デジタルの双方に深い造詣を持ち、なかでもWavetable Synthesisにおいては世界有数の使い手である。98年、ベルギーのレーベルSubRosaよりアルバムをリリース。00年以降はヨーロッパ、アメリカ、台湾などでもライブを展開、各地で好評を博す。09年3月はポーランドでのフェスティバルにてZ'EV、ZOVIET FRANCE (REFORMED FACTION)らと共演。また、舞踏家、美術家らとのコラボレーション、インターネット上での音楽表現の研究、キーボード専門誌への執筆等、活動は幅広い。自身のレーベル&ディストリビューション『electr-ohm』を主宰し、国内入手困難なインダストリアル/IDM系作品を紹介している。そのストイックな活動と音が、東京のディープな音楽フリークを驚かせ、虜にしている。2009年5月のBULLET'S10周年では、Q'HEY、AUTORAらと、その後も、煙巻ヨーコ、KEIHIN、モーリー・ロバートソンらと共演。日常は利便性の悪い兵庫県の中山間地域で100種類以上の世界の唐辛子や珍しい野菜を栽培、出荷、webで販売中。

◆◇ImprovisationRadionavi. Kenichi Itoi (shrine.jp)


◇COFFEE BREAK BEATS #9
スズアコーヒー店の焙煎士でDJでもある鈴木雄介 https://www.facebook.com/yusuke.suzuki.9699523?fref=ts が珈琲と音楽の寄り添い方をゆるやかにアジテーション&ナビゲーション。月一回の番組内番組として9月より再スタート⭐︎
今回は渋谷のレコ屋でのふとした出会いの7inchをご紹介!レコードと珈琲。今年もどうぞ宜しく。
disques dessinee /ディスク・デシネ
M04:Waiting for the bus / Paulo de Carvalho
今日のコーヒー
浅煎り東ティモール:まろやかな(明るい)酸味!新年にぴったり!
お年賀ブレンド(スズアコーヒー店)も年始のご挨拶に!

◆◇COFFEE BREAK BEATS Navi.鈴木雄介(スズアコーヒー店 https://www.facebook.com/suzuacoffee/?pnref=lhc 


◇名曲情報 (2006)
M05:Supernova Sky / Yukijobo
from album "Nordic Lounge Weekend"

RFFM 総合Navi. タカハシマサト

CSS#44 & Navio 12

| コメント(0) | トラックバック(0)
Cultural Sound Stream とは?
ポップマエストロ、15min.records主宰、ミサワマサノリくんがナビゲート、毎月5分縛りのSummer of Love!
 
Navio とは?
鎌倉のカフェ、ディンモンシェ・マスターの堀内さんとポル語の先生荒井めぐみさんのブラジル音楽専門番組

Cultural Sound Stream #44
ポップマエストロ、ミサワマサノリくんがナビゲート、毎月5分縛りのSummer of Love!
今月は15min.records的ホリディスペシャル(といっても尺は同じデスね!)
M01:WAVE66 / Minutes Me Calling
M02:How The Light Can Fall In So Many Ways / Like This Parade
Conceived and compiled by Masanori Misawa and Thomas Richmond
(15min records)twitter @15minrecords, soundcloud https://soundcloud.com/15min_records

◇Navio 12
お馴染み鎌倉の café vivement dimanche 堀内マスタ- &翻訳家 荒井めぐみ先生 お2人がお送りします!ブラジル音楽のディープなところを、まったりと気楽に楽しむこの番組!今月はこのところ年末恒例となっております、ゲスト(準レギュラー?)の気象予報士の森朗さんとRF総合ナビ,タカハシも参加しての今年のベスト3を、今年に関してはトーク多めに、タカハシは狂言回し的役割に徹して、リオオリンピックなどと何かと世間がブラジル音楽に接する機会の多かった2016年を熱いトークで振り返ります。
2016-12-13 19.59.01-1.jpg
◆masters select~
M03:Te Faço Um Cafuné  / Mariana Aydar
from EP "Cantando"


◇Navioクルーが独断と愛と偏見?で選んだ今年のブラジル音楽ベスト3
ここのところ毎年恒例!気象予報士 森朗さんもゲストにお迎えしての濃ゆいけどポップ!そして真面目だけどゆるい、楽しいNavio的今年の総括談義です〜!枕としてはやはりリオオリンピックのお話から!

⭐︎堀内マスターの選ぶ年間ベスト3
第3位(アルバム)
DDG4_2016_Artwork_1500px-660x660 (1).jpg
DDG4 by Dani & Debora Gurgel Quarteto

第2位(アルバム)
170x170bb.jpg
Agora É Sempre  by Zéli Silva

第1位(アルバム)
a1527292163_16.jpg
Tropix by  Céu

●今年のベスト3は、Navioでも紹介しまくったアルバムです。DDG4の『 DDG4』は、これまでの作品よりも深化した内容でした。Zéli Silvaの『Agora É Sempre』は前作『UNA』同様にゲストヴォーカルをフィーチャーしたサンパウロらしいJAZZを聴かせてくれました。そして、Céuの『Tropix』は今年一番の刺激的な作品でした。 ...堀内隆志


⭐︎荒井めぐみ先生の選ぶ年間ベスト3
第3位(アルバム)
img-1034082-chico-chico-2x0-vargem-alta.jpg
2x0 Vargem Alta by Chico Chico

第2位(アルバム)
13721263_568057963382599_2062024219_n.jpg
Ambidestra by Casuarina 

第1位(アルバム)
Joyce-660x660.jpg
Palavra E Som by  Joyce Moreno
M06:No Mistério Do Samba / Joyce Moreno

●Chico Chicoのデビュー作『2x0 Vargem Alta』は何と言っても亡き母カシア・エレールを彷彿とさせる歌声が聴きどころです。二位はカリオカ(リオっ子)の年越しに欠かせないCasuariaのサンバ(まさかのマリオ!?)。そしてリオ&ブラジル礼賛を自然体でシンプルに歌い上げるジョイスが今年の一位です。...荒井めぐみ


⭐︎森朗さんの選ぶ年間ベスト3
第3位(アルバム)
500x500.jpg
 Na Luz Do Samba by Luciana Mello

第2位(アルバム)
ima2_video_guerreirolunar.jpg
Edison Cruz by  Edson Cruz

第1位(アルバム)
teresacristinacantacartola.png
Canta Cartola by  Teresa Cristina
M07:O Mundo É Um Moinho / Teresa Cristina

●今年も様々な新しい音、新しい人たちが現れましたが、そんな中だからこそ、昔から変わらないサンバの伝統もあらためて感じさせられた年でした。特に、秋に来日したテレーザ・クリスチーナのカルトーラ曲集は圧巻。思わず涙がちょちょぎれます。...森朗


M08:Odara / Caetano Veloso & Maria Gadú 
from album "Multishow Ao Vivo Caetano E Maria Gadú "
森さんの「カエターノが聴きたかった〜〜」に呼応してNavioラストはこれで!

◆◇ navi. Takashi Horiuchi , Megumi Arai , Akira Mori

◇THX for master &  Navio crew
M09:Odara / Nara Leão



RFFM 総合Navi. タカハシマサト



GPDX24 Dec. 2016 session

| コメント(0) | トラックバック(0)
◆GPDX24 navi.服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon ) 
ラジオ、ウエブサイト、レコードストア、イベントなど、いろいろなメディア、アイテムを使って表現している運動体。Galloping Gourmet Nipponのメンバー、GO PUBLIC DX 24 ALL STARが中心になって進めている。90年代、Don't belive the hype と叫ばれていた時期に、"I love Hype"とぶちあげていた服部氏がまたまた あらたなたのしみ方 の提案をします☆

◇GO PUBLIC DX 24
15284040_1318501854881467_9126061551876082690_n.jpg
#1「シビレミュージック 」 シビレミュージックとは? 洋邦問わず、歌ありインストもふくめ、音世界で"しびれ"させてくれる官能的な音楽たちを、勝手に"Shivire Music"と呼び、料理の「吹き寄せ」のように、日本人の視点で集めてみたいと思っています。
 #Shiviremusic    "Medley of music styles"

今月はレギュラーコーナーは全てお休み。2016年のクルーそれぞれのシビレを、そのパーティの会場にもなっていますおなじみ初台のニューマタンゴで一足先のレコ大のごとく選びつつ語りつつ飲みます。
15451357_1155419527911616_841531455_n.jpg

M01:Sweet Love / Anita Baker 1986
from album "Rapture"
30年も経ってしまってるんですね。名曲過ぎて色褪せません。曲のオープニングでもっていかれます。今年の「アーヴァン感」10周年の際のこの曲を竹田さんがかけた時のその場のバイブレーションが忘れられません。 select  Masahiro Hattori

M02:De la vitesse à l'ivresse / Poom  2016
from album "2016"
今年のベストは間違いなくAla Ni.の"You & I"でこの番組でもCircleを選ぶつもりだったけど直前でやはりこちらに変更。この曲自体は2015年ですが、ようやくアルバムがブツでリリースされてどなたでも買えるようになったこともあり、そして原題De la vitesse à l'ivresseの"酩酊の速度という言葉に現場での感覚でグイッと引き寄せられてこちらに。やはりリアルタイムの現場感だった気がしてます今年の自分。21世紀の"男と女" 命名、服部全宏   select タカハシマサト

M03:24K magic / Buruno Mars  2016
今回はGPDX、今年最後の収録という事で、自分のコーナーを抜け出し、「シビレ・ミュージック」へ今年の一曲を紹介すべく参戦する事にしました。今年も沢山素敵な音楽と出会い、どれを選ぼうか悩むとこでしたが、今年の後半にこんな「爆弾的」な曲と出会い迷わずこの曲を選びました。たまたま友人の教えてくれたYouTubeのプレイリストの最後に入ったいた曲でしたが、まず映像からやられてしまいました。80'sのファンクやSugarhillあたりのラップなんかを知っている方々は、思わずニヤリとしてしまうような仕掛けが所々に散りばめられて、ある意味下品、かつスタイリッシュでファンキー、ゴキゲンなチューンです。「ネオ・オールドスクール」と勝手に名付けてしまいました。PVもその辺りの雰囲気を思いっきりバカっぽく演出していて最高ですのでYouTubeで見てみてください。 select Angel S.

M04:Alexandra / jan and naomi  2016
静寂と狂気、両極端が混在するサウンド。ビシュアル&ルックスも含めトータルでシビレてます。select  HIroyoshi Tamamushi

M05:Caravan / Les Paul  1967
 [ 〜コメント少々お待ち下さい〜 ]   select マタンゴ小林

こうしてみるとはっきりしているのは、服部さんはまあ別として、小林さん!のみ1967年!!!という抜け感!やはり外国人アート系バイヤーにArt Barと言わしめる小林さんならでは!GO PUBLIC DX 24がパワーアップしたのはひとえに小林さんとニューマタンゴのおかげ!ニューマタンゴ小林さん!そしていつもいつも営業にはみ出しちゃってる収録を暖かく見守ってくれているマタンゴ常連さんにも!どうもありがとう⭐︎そして来年2017年もシビレまくります!

◆◇ GPDX navi. 服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon )、玉虫宏考(City Elegance, Galloping Gourmet Nippon )


◇名曲情報: A Rap Vacation X-mas
M06:A Rap Vacation X-mas side A (edit by mo' ) / Mndsgn
2016-12-17 18.44.40-1.jpg
Stones Throwの刺客は大勢いすぎるけどMndsgnはジャンル全方位でもっと評価されてもいいと思うアーティスト。
ジャケもかわいいし、グリーン&レッドのカラーバイナルも最高な1枚。
 
RFFM 総合Navi. タカハシマサト
◇from Y'sDINER〜
毎月第2週目、鴨宮駅北口から徒歩4分のところにある小さなアメリカンダイナー"Y'sDiner" の店主 菊間豊くんがRFタカハシと共にお贈りする TIME MACHINE、80's PUNK,NEW WAVEからルーツミュージックまで全方位的音楽放談 。
毎偶数月第2週に隔月でお送りすることになりましたこの番組内番組!菊間くんによるY'sDINER的今年の総括は"星になってしまった"我々がリアルタイムで夢中になったあの人この人を振り返りながらのクロストーク!
2016-12-12 13.43.16.jpg2016-12-12 13.48.21.jpg
M01:Starman / David Bowie
from album "ziggy stardust" (1972)
David Bowie 1月10日没

☆来年始めより素敵な展覧会が寺田倉庫で!またBowieに会える!
これに関して、もうすこししたらちょいニュースをお届けできるかもしれません!乞うご期待!

M02:Tequila Sunrise / Eagles
Glenn Frey  1月18日没
意外なことに出身はデトロイトなんですね。
相棒Don Henlyがこんな声明を出していましたね

M03:September / Earth , Wind & Fire
Maurice White 2月3日没
オバマ大統領のメッセージ、響きます。
「...今夜、彼は天国で輝く星(シャイニング・スター)です」

M04:In My Life / The Beatles
George Martin  3月8日没
やはりここはポールのよせた声明文がぐっと響いてきました。
「...彼の親しい友人であった僕と僕の家族は、彼のことを非常に惜しみ、彼の妻であるジュディと、子どもたちのジャイルズとルーシー、そして孫たちに我々の愛を送ります。私の魂とイギリス音楽の歴史に消えることのない跡を遺した真に偉大な人を世界は失いました。ジョージ・マーティンと、あなたの港に入港したすべての人々に神の御加護がありますように」

M05:Little Red Corvet / Prince 
Prince Rogers Nelson 4月21日没
80年代の彼をリアルタイムで体験した僕たちにとり俄かには信じ辛い事件でした。本当に涙が止まらなかったのです。幸か不幸かお蔵入りの音源がリリースされてきそうな話もありますが、僕はオフィシャルのアルバムを今一度噛み締めて聴いている日々です。
ファンサイトも幾つかありますね

M06:Brand New Lover / Dead Or Alive
Pete Burns 10月23日没
ボーイジョージの優しさに惚れ直しました

M07:Do They Know It's Christmas? / Band Aid
ブレイク的に2曲かけます。まずは
個人のブログですがデータとしてはなかなか見やすくていいかも!

M08:Somebody Has Stolen My Girl / The Bluebeaters
たびくまmix、"冬だからレゲエ" に収録してて菊間くんが気に入ってくれたイタリアの現役スカバンドのCoxsoneからDelroy Wilsonが取り上げていたことなどでも知られる(らしい)Stadio One クラシック

M09:上を向いて歩こう / RCサクセション
永六輔 7月7日没
素晴らしい唄は世代も時代も超え得ることのリアルに証明した方。

この曲も、永六輔作詞だった! 歌謡曲ここがポイント!(ニッポン放送)

まだここで取り上げられていない方も何人もいらっしゃって今年は本当にどうなているのか、切ない気持ちになりますが
今日のFYDを素晴らしい体験を私たちにさせてくれた全ての音楽家に捧げます。安らかに。

navi 菊間豊(nevermind company , Y"Diner)


◇名曲情報(2015)
M10:CPU (feat. RZA) / Raury
from album All We Need"

アトランタ生まれのシンガー・ソングライターでラッパー、音楽家でプロデューサー。というマルチな才能を存分に感じさせてくれる2015年のアルバム"All We Need"中でも最も響いてきた1曲。みなとみらい BUKATSUDOのレコード部、夜の音楽 の際にお教えいただきました。


RFFM 総合Navi. タカハシマサト

◇糸魚健一の"ImprovisationRadio"
京都の新進気鋭レーベル"shrine.jp"主宰、糸魚健一氏がナビゲートする伝説の番組がRFへ!
今月は8月のこの番組で紹介した http://radiofreedom.mond.jp/2016/08/improvisationradio8-ichionradio-futuer-sound-lovers-8.html Dance music に特化した、Shrine,jpのサブレーベル"MYTH"新作とそのアーティストがゲストに!
14937099.jpg
糸魚健一 : エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース、コンピレーション作品への参加、リミックス、アーティストのプロデュースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。'15年3月3年ぶりの新作"Apex"をリリースする。また、グリッチ的要素と変拍子あるいはポリリズムを融合させる手法を、発展させエクスペリメンタルグルーヴを生むトラックメーカーDJ iToy(ディージェイアイトイ)名義でリリースを重ねている。更に関わるユニットも多岐にわたり、ノイズユニットavant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等'。電子音楽パーティpodを主催し、現在の電子音楽シーンにつながる礎を築いた。
97年発足の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpを主宰し、'11‾13年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。'14年iTunes Storeを使った新シリーズが始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて紹介している。そして、「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想ている。

本題に入る前に毎度のShrine,jpリリースインフォメーション相変わらず怒涛の展開に胸熱

talk guest : クボマサユキ
AVVことクボマサユキはテン年代の大阪を拠点に関西の若手トラックメイカー、DJらを多数輩出してきた人気イベント『INNIT』の主催者としても知られ、Seiho主宰レーベル「Day Tripper Records」からもアルバム"E.Tender"をリリース。

M01:People (Original Mix) /  AVV
M02:Still '16  (Original Mix) / AVV
M03: People (Ken'ichi Itoi Remix) / AVV 
こんなインタビュー(対談)も!!!

◆◇ImprovisationRadionavi. Kenichi Itoi (shrine.jp)


◇COFFEE BREAK BEATS #8
15398832_1200502580037962_350894494_o.jpg
スズアコーヒー店の焙煎士でDJでもある鈴木雄介 https://www.facebook.com/yusuke.suzuki.9699523?fref=ts が珈琲と音楽の寄り添い方をゆるやかにアジテーション&ナビゲーション。月一回の番組内番組として9月より再スタート☆
今回は早くも今年の総括的、そして年末年始のスズアコーヒー店の展開なども!
⭐︎DJとしてターンテーブリストとして□□□ feat. the band apartのアルバム『前へ』のタイトルトラック「前へ」にスクラッチで参加しました!

蓮沼君の展覧会、スクラッチで参加しました!

今日の一曲
M04:Them Changes / Thundercat

*ラジオでは話してませんが、UCCさんのHPで「おいしいコーヒーの淹れ方」と「コーヒー百科」というコンテンツのディレクションとライティングを担当しました。

今日(年末年始)のコーヒー
お年賀ブレンド(スズアコーヒー店)お歳暮や年始のご挨拶に!詳細はしばしお待ちを!

◆◇COFFEE BREAK BEATS Navi.鈴木雄介(スズアコーヒー店 https://www.facebook.com/suzuacoffee/?pnref=lhc 


◇THCrecommend:analog音源
M05:My Crew Deep (Hiroshi Fujiwara Remix) / Steph Pockets
高橋コウタくんがエンジニアリングのクレジット入ってる!と友人から対面で教えてもらった素晴らしいRemix。そういうのがイイね!

M06:Everything / 弘田三枝子
from album"My Tapestry"
日本語版Vacationでおじさん世代にはおなじみの彼女は現役活動中!ミーシャカバーをこんなカッコよくキメてます

RFFM 総合Navi. タカハシマサト

CSS#43 & Navio 11

| コメント(0) | トラックバック(0)
CSS#43 & Navio 11

Cultural Sound Stream とは?
ポップマエストロ、15min.records主宰、ミサワマサノリくんがナビゲート、毎月5分縛りのSummer of Love!
 
Navio とは?
鎌倉のカフェ、ディンモンシェ・マスターの堀内さんとポル語の先生荒井めぐみさんのブラジル音楽専門番組

Cultural Sound Stream #43
ポップマエストロ、ミサワマサノリくんがナビゲート、毎月5分縛りのSummer of Love!
今月はなんとHugo Ball https://ja.wikipedia.org/wiki/フーゴ・バル のライブラリーものから!
M01:Gadji beri bimba / Hugo Ball
M02:Plants (prototype) / Charlie Charlie It's Raining
Conceived and compiled by Masanori Misawa and Thomas Richmond
(15min records)twitter @15minrecords, soundcloud https://soundcloud.com/15min_records

◇Navio 11
お馴染み鎌倉の café vivement dimanche 堀内マスタ- &翻訳家 荒井めぐみ先生 お2人がお送りします!ブラジル音楽のディープなところを、まったりと気楽に楽しむこの番組!今月は毎年恒例になりつつあるDani ロス渦中のマスターが残ったエネルギーを振り絞ってお送りしますよ!
◆Master's select
M03:Estrela Sorridente / Luciana Mello
from album "Na Luz do Samba"
1007184984.jpg

☆ガドゥの部屋
めぐみ先生が命をかけてwレコメンする才女、SSW、マリア・ガドゥを日本一応援するこのコーナー
M04:tecnopapiro / Maria Gadú
from album "Guelã"
SNS依存はブラジルの中高年にも深刻なんですな。。

めぐみ先生、歌詞の内容を学ぶ、先生の教室での特別講座について詳細情報も先生ブログまたはFBからどうぞ

M05:Menino Do Rio / Caetano Veloso & Maria Gadú
from album "Multishow Ao Vivo Caetano E Maria Gadú"


◆masters select~特集のコーナー~
~来日を振り返る: DDG4~
ed0639be8398fb2e602f95af3f787de9-660x660.jpg
今年さらにパワーと温かさがアップデートしていたという彼らのステージ。すでにホームタウンのひとつに感じてくれているようですよ!DDG4メンバーよりのRFNavioリスナーへのメッセージに続いて来日公演でマスターと恵先生がそれぞれ印象に残った曲を!
Samba pra Rita はめぐみ先生による歌詞の解説も!
M06:Samba pra Rita  / Dani & Debora Gurgel Quarteto  selected by めぐみ先生
from album "DDG4" 
M07:Dá Licença / Dani Gurgel  selected by マスター
from "2016 - EP"

◆masters select~深夜焙煎の合間に聴く音楽~
おなじみのマスターFB投稿をラジオで!なコーナーです
M08:Gotas De Rocio / Mani Padme Trio
from album "Vôo"

M09:A Dança / Leandro Cabral Trio
from album "Alfa"


◆◇ navi. Takashi Horiuchi , Megumi Arai , Akira Mori

◇THCrecommend:~新譜~
M10:Toi et moiPoom
RTMCD1206_L.jpg
ようやく盤で入手できることに!アナログもすでに予約しました!今年の1枚!

M11:24K Magic / Bruno Mars
Mark Ronson "UP town funkへの客演等でこの方のファンクネスが本物であることを知りましたがこれはPVも秀悦!パーティーシーズンにかかせない1曲ですね。



RFFM 総合Navi. タカハシマサト

GPDX24 Nov. 2016 session

| コメント(0) | トラックバック(0)
◆GPDX24 navi.服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon ) 
ラジオ、ウエブサイト、レコードストア、イベントなど、いろいろなメディア、アイテムを使って表現している運動体。Galloping Gourmet Nipponのメンバー、GO PUBLIC DX 24 ALL STARが中心になって進めている。90年代、Don't belive the hype と叫ばれていた時期に、"I love Hype"とぶちあげていた服部氏がまたまた あらたなたのしみ方 の提案をします☆

◇GO PUBLIC DX 24
#1「シビレミュージック 」 シビレミュージックとは? 洋邦問わず、歌ありインストもふくめ、音世界で"しびれ"させてくれる官能的な音楽たちを、勝手に"Shivire Music"と呼び、料理の「吹き寄せ」のように、日本人の視点で集めてみたいと思っています。
 #Shiviremusic    "Medley of music styles"
14907257_1280840081980978_7193023377999871090_n.jpg

M01:Things We Might Have Said (feat. Cari Golden) / Reinier Zonneveld 2016  selected by Masahiro Hattori
近頃、beatportのチャートで一位になったオランダはロッテルダムからのアーティスト。ミニマムなベース・ラインにあおられクラクラとしてきます。

M02:Make it with you / Roland Kirk  selected by ニューマタンゴ 小林
from album "Black Nuss"
mellowの水浸し!
いや〜相変わらず何にも調べずに喋っていますが、71年発売のカバー曲のアルバムです。「Make It With You」は前の年に全米No. 1になっているブレッドのヒット曲ですね。(日本では「二人の架け橋)しかしあえてオリジナルと聴き比べてみて、笑っちゃいました。オリジナルの爽やかなイメージをここまで崩すカバーはなかなかないのではないでしょうか?朝のイメージが夜中になってるみたいです

M03:Dang! (feat. Anderson .Paak) / Mac Miller selected by mo'
白人RapperのMac Millerにfeat.Anderson .PaakなのですがTrackを作ってるカナダのプロデューサー、POMOという人がかなりよいのです。

M04:A Brand New Day /中村まり  selected by Hirotoshi Tamamushi
中村まり 日本のブルースシンガーです。マリアマルダーの様な美声に堂々とした佇まい。シビレマした! 

#2  ラジオニューマタンゴ navi.ニューマタンゴ 小林
「カウンターの中から考えるリクエスト問題」
いつもながら、「ニューマタンゴに行って聞く」が前提の"決してオンエアでは曲はかけません"なコーナー
クエスト問題は寧ろ商売的には腕の見せ所なので、遠慮なくリクエストして下さい!しかし、ギル・エバンスはかっこいい!

#3「URA_Jacket galley curated by Gallopping Gourmet Nippon / GO PUBLIC DX 24」
有名なレコードジャケットの意外と見ない、裏ジャケの世界。 メッセージや、ストーリーを勝手に感じています。curated by Gallopping Gourmet Nippon

title: Robbie Dupree
Artist:Robbie Dupree
Year: 1980
Label:Elektra

「Steal Away(ふたりだけの夜)」
廊下の先のT字路の突き当りでこちらを振り向くひげの男。彼は、どんなことを考えてこちらをみているのか。
アートディレクターは、Boz ScaggsのSilk Degrees、Lee Ritenour のRitなどのRon Coro。写真は、J.D. Souther* - You're Only Lonely、Electric Light Orchestra - DiscoveryのJim Shea。

Art Direction, Design : Ron Coro
Photography : Jim Shea

#4「バックグラウンドミュージック ~The Background Musics / GO PUBLIC DX 24 」
どっちを楽しむ。二通りの楽しみ方。
 バックグラウンドミュージックとは、
 なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽。
 定番のBGMの再発見から、新しい時代のBGMの発見まで。時間を彩るの引き立て役のラインナップの更新と、時には、BGMが主体となって楽しむことも。人それぞれがもつ、それぞれの「あなたのBGM」も編纂していきます。

The Sting Theme (Joplin - The Entertainer) 1973

『いきなり!黄金伝説。』の「1ヶ月1万円節約生活」でもおなじみの1902年にスコット・ジョプリンによって作曲されたピアノのためのラグタイム。1973年にマービン・ハムリッシュによって映画「Sting」のテーマとしてフィ-チャーされ有名になった名曲。

◆Music For Airports _____________Presented by Angel S. (City Elegance)
GPDXの番組内番組「Music for Airports」。タイトルは、1978年発表のBrian Eno - Ambient 1 (Music For Airports)から引用しています。コンセプトは私、Angel S.が「全世界」のSoudCloud内を「Flight」して世界中で次々と発表されている、実はあまり知られていない楽曲やRe-edit、Remixなど「隠れた名作」を紹介するという、いわば「バーチャルな世界音楽旅行」をするというものになっています。
M05:Fuck Donald Trump (Ft. Nipsey Hussle) / YG
from USA
このコーナーを収録してる週に行われていたアメリカ大統領選。その結果は全世界にショッキングな影響を与え、様々な価値観のある意味危機的な状態の始まりだったり、色々なパワーバランスが崩れる瞬間を目の当たりにした気がします。
というわけで、今回SoundCloudを改めて総ざらいしてみて、SoundCloudのあるムーブメントのきっかけになった曲をご紹介します。これに影響を受けた方々、有色人種の方々やマイノリティが、このトラックに様々な反応をし、この曲のREMIXや呼応するようなアンサーソング的なものが多数アップされています。

◇お別れのシビレ
M06:リンゴ追分 / 美空ひばり selected by ニューマタンゴ 小林

◆◇ GPDX navi. 服部全宏(GO PUBLIC, Galloping Gourmet Nippon )、玉虫宏考(City Elegance, Galloping Gourmet Nippon )


◇名曲情報: カルト系フリーソウ
M07:Golden Ring / American Gypsy (1974)
from album "Angel Eyes"
カルト系フリーソウルってなんすか?wとも思ったんですけどまあ確かに。橋本さんすごいっすね

RFFM 総合Navi. タカハシマサト


湘と小田原という神奈川ウエストサイド所謂うえっさいにしっぽりと照準する第2週目(3週目だけど)

西湘 , Strange relationship vol.04
2015年の夏にふとしたきっかけで開店した二宮の小さな珈琲店、旅花さんを中心に、ゆるく、だがしかし急速に紡がれ始めたアンビバレント?なコミュニティ。ありそうで無かった奇妙でピースで不思議な繋がりを渦中のストレンジな人々にインタビューする事によって垣間見る、聞くドキュメンタリーと些か大げさではありますが今、二宮の何が面白いのか?少しだけでも伝われば幸いです。

前回のきょうのおやつ のお二人に続き、今回のゲストは、旅花とくまざわ屋の間にひょっこりオープンして約2ヶ月、お母さんの定食でおなじみ、山田食堂山田則子さんです!RFなので当然音楽遍歴なども聞いちゃってますよん!
15002306_1629251410437174_5060727132348593738_o.jpg
山田食堂 神奈川県中郡二宮町二宮832-50
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜20:00
定休日 火曜
定食 ¥800
ABA1D229-9CF6-421D-90FF-FC5453D59A6B.jpg


M01:おまんじゅう / DJみそしるとMCごはん selected by Noriko Yamada
from "OPQ EP"

次回のたびくまは12/10(土曜)です!初二宮にはぜひこの機会に⭐︎DJも山田食堂さんのカウンターの角でやらせていただいてます〜!
CxTIRn7UsAE-byK.jpg


◇Odawara , Strange relationship:一期一会(くぼやまさとる)
小田急線 新宿=小田原 開業は1927年、中世には伊勢との交流もある山の民と海の民の交差点,小田原の面白さを様々に掘り下げて行く思いつきで始めた不定期コーナー。西湘ストレンジリレーションシップへコーナー改変したものの不定期に復活する事もあります。
今回はただでさえストレンジなRadio Freedom FM、入れ子構造の番組内番組、ってのはあったけど、番組内番組のゲストがナビゲーターとして、さらにまたゲストをお招きするといういい加減にしろ的フラクタルな様相なのですが、簡単に言えば今回のゲストはGUITAR & COFFEE まほらま の佐々木藍ちゃんとイラストレーターのくぼやまさとるさんです!
14992061_1629251510437164_8310281936726649175_n.jpg
M02:I Have Seen / Zero 7 selected byくぼやまさとる
from album "Simple Things"

GUITAR & COFFEE まほらま 

イラストレーター・画家 くぼやまさとる

いそうでいない空想昆虫図鑑の制作 
15085626_1629251613770487_4983547249929096703_n.jpg

個展:まじっくらんど くぼやまさとる展「黒猫の見た夢
11/14〜/19 とトークショー:いちごいちえ〜あなたに聴きたい 第3話 画家・くぼやまさとるさん 11/19 のレポートを藍ちゃんが上げていますよ! 


◇名曲情報 2015
M03:I'll Remember / Ala.Ni
from album "You & I"
くぼやま夫妻へ捧げるRFタカハシ今年のNo.1アルバムより

M04:Lighthouse / Patrick Watson
from album "Adventures In Your Own Backyard"

RFFM 総合Navi. タカハシマサト

◇糸魚健一の"ImprovisationRadio"
guest:Hideo Nakasako 
SRDL066.jpg
京都の新進気鋭レーベル"shrine.jp"主宰、糸魚健一氏がナビゲートする伝説の番組がRFへ!
先月はお休み頂いたために情報過多という事態に!MEGADOLLYデゥストリビュートのデジタルリリースはRFタカハシ的にグッとくる素晴らし過ぎるアーティストさんが!

糸魚健一 : エレクトロニカファンクネスを再定義しつづける日本におけるマイクロスコピックの雄。PsysEx(サイセクス)名義でのアルバムリリース、コンピレーション作品への参加、リミックス、アーティストのプロデュースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。'15年3月3年ぶりの新作"Apex"をリリースする。また、グリッチ的要素と変拍子あるいはポリリズムを融合させる手法を、発展させエクスペリメンタルグルーヴを生むトラックメーカーDJ iToy(ディージェイアイトイ)名義でリリースを重ねている。更に関わるユニットも多岐にわたり、ノイズユニットavant-gals、ドローンラップトップデュオattic plan、空間系ジャムバンドplan+e等'。電子音楽パーティpodを主催し、現在の電子音楽シーンにつながる礎を築いた。
97年発足の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpを主宰し、'11‾13年にかけて月刊でCDをリリースし、京都の新鋭アーティストの窓口となった。'14年iTunes Storeを使った新シリーズが始動させ日本の新しい実験音楽の一端を世界に向けて紹介している。そして、「電子文化の茶と禅」をコンセプトに活動する電子音楽レーベル涼音堂茶舗を星憲一朗氏と共に新たな空間のための音楽、郷土文化との融合を構想ている。

Hideo Nakasako prof.
1987年生まれ、SOUL/FUNKを愛するトラックメーカー、ベーシスト。10代の頃から色々なバンドやセッションでベーシストとして活動した後、2010年バンドとは違う「一人で作り上げる世界」に魅かれトラックメーカーとして活動を開始する。ラップトップ 、サンプラー、シンセサイザーをメインに環境音、ノイズなど様々なものを混ぜ合わせHiphop,Techno,Ambientを通過した多彩な音楽を作り上げる。2013年5月 on sunday recordingsより1st EP [Time Passes]リリース、そして同年11月福岡のレーベルBlue Arts Musicより2nd EP[Beyond Night and Light]をリリース、ほか様々なコンピレーションアルバムへの参加や積極的なライブ活動を展開中。満を持しての3rdアルバム"Portrait of Something "が10月末発売。

とそのまえにshrine.jpリリース情報補足しときましょう!
Acryl (dagshenma + Madegg) "Portion"
ユニオンさんではおまけCDRが!

M01:Pray(feat.Hitomi Nishijima) / Hideo Nakasako  
from album "Portrait of Something"

M02:Phone Call (feat. Hitomi Nishijima) / Hideo Nakasako
from album "Between Night and Light"

M03:Relax / Hideo Nakasako
from album "Portrait of Something"

◆◇ImprovisationRadionavi. Kenichi Itoi (shrine.jp)

◇ichionのRadio Futuer Sound Lovers
エンジニアで音楽家のIchionさんが発信する電気信号。
元々自身が発行していたZine"Futuer Sound Lovers"を電波に変換してichion さんの全てのコンセプトの根幹'ひとつのおと'に徹底的に照準する「か」の様なコーナー。

今回は、クリスタルボウル奏者、牧野 持侑(まきのじゅん) さんのコンサートに行かれたichionさんよりレポート的

M04覚醒浴 -倍音浴4- / 牧野 持侑

マナ サウンド ヒーリング
湘南・大磯にある個人サロンです。
音叉を使ったサウンドヒーリングを行い、
音による振動マッサージで心身ともに深いリラックス効果が得られ
免疫力・新陳代謝の活性化を図ります。

詳しくはこちら
ブログ 調律日誌

◆◇ ichionのRadio Futuer Sound Lovers navi. ichion 

◇THCrecommend:アナログで購入
M05:High Grade / Tony Curtis
みなとみらいでのレコード部、レコードの日イベントでDJのトップを飾ったDJ Koutaくんがかけてていいなあ〜〜!と教えていただいた曲!ハイグレード!

M06:Them Changes / Thundercat
from EP  "The Beyond / Where the Giants Roam"
同じくみなとみらいでのレコード部、レコードの日イベントで購入した12'

◇THCrecommend:デジタル新譜
M07:Satellite / fantaholic
安田寿之さんの"La pesanteur"にゲストボーカルとして参加して入られたのを聴いて声がすごく好きで気になっていた女性アーティストのh新作EP!ポップです!http://www.fantaholic.com

RFFM 総合Navi. タカハシマサト