what's ◆QC◆ quantity circus



 Quantity とは英語で「量」のこと。

    これはQuality=「質」と対立する概念です。

  しばしば、「量より質」言われ、質の重要性が叫ばれます。

                      確かに質は大事。

 でもでもでもでもでも、ここでちょこっと考えてみたい。あなたの大好きな「キティーちゃん」と、私の大好きな「ばざーるDEござーる」、その「好き」は、どれだけ、どーなんだろう。俺の死ぬほど好きな「YMO」と、あの人の死ぬほど好きな「YAZAWA」は、どっちがどーなんだろう。

 「好きなもんは、好きなんだ!!」

 と言われれば、それまで。だけども、その「好き」は、どんな「好き」なんだろう。ここに「文学(これは映画や漫画やあなたが今日携帯から送ったたった一言も含めての、文学)」が生まれる訳なんだけども、それは、そうとして、みんなはどうなのかな、と思うこともあるよね。どうしてそんなのが好きなんだろう、何がいいのか、そういう風にどこまで思ってみても、他人の心は分からないってなもんで、その壁を越えられない。

 でも、もし、それが、数字で表現できたら、そう、「好き度」みたいなものが分かったら、少し相手のことが分かる。勿論、「好き度=好き」ではない。永遠にこれは一致しない。だからこそ、「好き」は「質」なんだよね。「好き度」は「量」。

 こんな風に考えていくと、「質」だけにこだわっていけば、どこか人は自分だけの世界に向かっていく、ってゆー感じ、分かるかな?勿論、それを乗り越える様々な「文学」はあるけれど、例えば、それぞれの好き嫌いがぶつかって争いが起きたとき、乗り越えられない壁にぶつかったとき、人は、「質」だけの世界に閉じこもっていては、解決しない事もあるかもしれない。

 そういう好き嫌いを別の言葉で言えば、「主観」。「主観」とは、「客観」の逆。自分の考え方、見方のこと。だから、主観はすんげー大事!でも、なぜか、哲学者は長年、主観と客観の闘いというイメージに囚われてきた。主観も客観も大事なんだけども。。。

 まあ、こムズカシイことはこの際横においておいて、たまには、「量」にこだわってみないかい?「量」でものを見ると、意外なことが分かるかも。それは、今まで分かり合えなかった頑固な「あの人」や、キムズカシイ「彼」、不思議な「彼女」とちょっとだけ、多めにコミュニケーションが取れるかも知れない。それは、凄くすてきな事に繋がるかも知れない(勿論、繋がらないかもしれないけど)。

 そんな気持ちで、このQCを始めました。そうそう「Circus」は「場」という意味・だから、QCとは、

量場

ってこと。訳したところで意味はよくわからんね。ま、そんな訳で。とりあえず。量の世界を楽しんでみてください。

HailonG    2001 Oct 10

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://radiofreedom.mond.jp/mt/mt-tb.cgi/303

コメントする